コピー機:DocuCentre-IV C5575/C4475/C3375/C2275/新しい選択基準

「基本性能の向上」「環境への配慮」「ユニバーサルデザイン」

Total Balance

富士ゼロックスでは、スピードや機能といった基本性能だけでなく、循環型社会の実現に貢献する環境性能やユニバーサルデザインへの対応性能も、複合機をお選びいただくうえでの大切な条件と考え、商品づくりに取り組んでいます。

環境対応

DocuColor 1250での初受賞以来、富士ゼロックスの商品は、省エネ大賞における表彰を11年連続で受賞しています。

省電力

スリープ電力1.5W以下を達成した省エネ設計

熱への変換効率に優れたIHフューザーをはじめ、消費電力の少ないコントローラー、用紙への定着が低温で済むEA-Ecoトナーなど、省エネを徹底。スリープ電力1.5W以下を達成したほか、スリープモードからの復帰時間を短縮したことで、消費電力量の低減に貢献します。

商品類型 NO.117(複写機)
認定番号 第09117003号
商品ブランド名 DocuCentre-IV C5575/C4470/C3375/C2275

優れたTEC値で消費電力量を低減

国際エネルギースタープログラムへの適合基準となるTEC値*1 は、1.15kWh*2 を実現。消費電力量の低減に大きく貢献します。

*1 国際エネルギースタープログラムで定められた判定法による数値。
*2 DocuCentre-IV C2270の場合。

省資源

とうもろこしを原料に含むバイオマスプラスチックを採用

とうもろこしの成分を重量の30%以上含むバイオマスプラスチックをドラムカバーに使用。石油系樹脂である、従来のABS樹脂のプラスチックに比べ、製造過程における二酸化炭素排出量を約20%削減しました。また、石油の枯渇問題に対して寄与することを可能にしました。

マニュアルの電子化で紙の使用を低減

これまで紙で提供してきた「ユーザーズガイド」や「管理者ガイド」については電子マニュアルにて提供。これにより1台あたり約1,300ページ分の紙の使用を削減しました。HTML化による調べやすさや使いやすさの向上を考えながら、マニュアルについても環境に配慮しました。
注記:HTMLによるマニュアルは本体同梱のCD-ROMにて提供します。

静粛性

すこやかな寝息に匹敵する20dB*1 (3.7B*2)の静粛性

従来のレーザーROS方式では、感光体ドラムへの書き込みをポリゴンミラーを回転させて行なうため、音や振動が発生していました。LEDプリントヘッドはポリゴンミラーを使用せず、騒音や振動を大幅低減。待機時20dB*1 (3.7B*2)、稼働時47dB*1 (6.6B*2)という優れた静粛性を実現しました。
注記:DocuCentre-IV C2270の場合。
*1 放射音圧レベル(LPA)。
*2 表示音響パワーレベル(LWAd)。

有害物質発生抑止

鉛やハロゲンの使用を控え有害物質発生を抑制

素材メーカーとの協力により鉛を含まないシャフトの開発に成功し、用紙を搬送するロールのシャフトなどに採用。使用済み商品の最終処分時にダイオキシンを生成しないよう、樹脂材料へのハロゲン系難燃剤の使用を抑制しています

資源循環

品質を落とさず外装カバーのリサイクルを実施

市場から回収した樹脂を材料として再利用した場合でも、新品と同等の品質を確保する再生プラスチック材料技術を開発し、外装カバー部品の一部に採用しています。

厳しい基準をクリアした資源循環型商品

使用済み商品を回収し、その部品を再び組み立てに直結した一元化生産ラインに投入して循環させる「クローズド・ループ・システム」で生産。リサイクルパーツ使用可能率(重量)は45%以上、再資源化可能率(重量)は95%以上など、13項目にわたる独自の厳しい基準をクリアしています。