ニュージーランド大手印刷会社が自社最高速フルカラーインクジェットプリンターを導入

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本 忠人)の販売会社、富士ゼロックスニュージーランド(本社:ニュージーランド・オークランド、社長:Neil Whittaker)は、同国大手の印刷会社Kalamazoo Group(カラマズー・グループ 本社:ニュージーランド・オークランド、社長:Steve Dsouza)に、高速(フルカラー毎分200メートル)の出力スピードを誇るインクジェットプリンター「2800 Inkjet Color Continuous Feed Printing System」を2台導入します。

Kalamazoo Groupは、従来のオフセット印刷を中心にビジネスを行っており、デジタル印刷に関しては、少部数のダイレクトメールの出力などにとどまっていました。しかし、ニュージーランドではまだあまり例のない、個人の興味関心のある情報を印刷物に付加し、購買行動の喚起を図る、トランスプロモ(請求書+広告)領域に注目していました。

今回、現在の印刷機と比較し15倍のスピードで出力が可能であり、一枚あたりの出力コストを削減できる、2800 Inkjet Color Continuous Feed Printing Systemと、ワークフロー関連ソフトウェアや封入封緘機などを同時に導入し、月500万通の請求書出力とその発送業務を行う予定です。また、お客様の多様なニーズに迅速に対応するため、ダイレクトメール、小ロットの出版物・新聞の印刷などにも取り組み、従来型の印刷業務では実現できなかった新たな領域における事業の拡大を図ります。

2011年8月に発売し、インクジェット方式の採用により超高速出力が可能となった2800 Inkjet Color Continuous Feed Printing Systemは、データプリントやトランスプロモといった、個人ごとに異なる印刷ジョブを、大量に短納期で処理しなければならない業務に適した設計となっており、安定した超高速/高画質出力が可能です。          

富士ゼロックスでは、今回採用された最高速のインクジェットプリンターをはじめ、さらにラインナップを強化し、お客様のビジネスの拡大に貢献します。

コピー機 複合機 ゼロックス リース 大阪 豊中 エスワイティーシステム株式会社

投稿日: