Denshi-Penの使い勝手向上で、帳票データ入力業務の改革を加速

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社は、日頃お客様が業務でお使いの帳票を、手書き情報入力システム「Denshi-Pen」で使用可能な帳票にカスタマイズするソフトウェアの機能を強化した「Denshi-Pen Form Solution 1.1J」を7月1日から発売いたします。 「Denshi-Pen」は「ペン」と「紙」とからなるユーザーインターフェイスで、工場内や店頭、屋外、お客様先等のパソコン入力できない現場で「ペンで紙に書く」という誰もが慣れ親しんでいるやり方を変えることなく、手書きした情報を簡単かつ迅速に電子化することができます。 「Denshi-Pen Form Solution 1.1J」では、Microsoft®社のExcel®連携機能、書き間違え削除機能、共有フォルダー機能を新たに加え、「Denshi-Pen」の使い勝手を向上いたしました。

(1) Excel®連携機能

Excel®文書からフォームを自動生成し、電子化した手書き情報をそのままExcel®に反映することが可能になりました。

01

(2) 書き間違え削除機能

書き間違えた文字を塗りつぶすことで、その部分を削除した結果を出力することが可能になりました。

02

(3) 共有フォルダー機能

手書き情報を取込んだ文書や作成したフォームを、複数のパソコンから閲覧したり活用したりすることが可能になりました。

03

Denshi-Pen」は主に、生産工程管理、保守点検、不動産・保険の申込処理、医療、アンケート集計等の現場業務で使われています。今回「Denshi-Pen」の使い勝手を向上したことで、システム構築や運用がこれまで以上に簡単になります。 富士ゼロックスはこれからも、お客様の業務課題解決のために最適なソリューション・サービスを提供してまいります。

ユーザー事例はこちらです

http://www.fujixerox.co.jp/solution/jirei/izumi-ld01.html

コピー機 複合機 ゼロックス 手書き文字を電子化 エスワイティーシステム

投稿日: